ひきこもり状態からの脱出、社会参加の実現を NPO法人 楽の会リーラ

お問い合わせはこちら
TEL:03-5944-5730
毎週水・金・日の13時~17時受付

楽壱楽拿rakuichi rakuda

楽壱楽拿とは

月例会と同じ時間に青年の居場所を開いています。
青年達が楽しく話し合ったりして、交流する場所です。出入り自由、気楽に覗いてみてください!


料金:無料
日時:月例会の日時をご参照ください
場所:NPO法人楽の会リーラ事務所(JR巣鴨駅下車)
住所:東京都豊島区巣鴨3-16-12 2階202号室
   JR山手線巣鴨駅、地下鉄三田線巣鴨駅下車 徒歩6~7分
電話:TEL 03-5944-5730

◆2017年7月号

6月17日(土) 晴れ
6月になりました。梅雨に入りましたが、今日は良く晴れています。少し歩くと、じっとり汗ばんできます。晴れてはいてもこの蒸し暑さは、梅雨です。相変わらず、巣鴨の商店街は元気な先輩方でにぎわっていますが、気のせいか、日陰を選んで歩いている人が多いような気がします。Tシャツ1枚姿の先輩は、なかなかいませんが、お一人発見しました。胸から腹にかけて漢字文字「一撃」と書いてあります。「一撃」どこかでしたのでしょうか?それともしてほしいのでしょうか?


楽壱楽拿、今回も巣鴨の楽の会リーラ事務所で開かれました。今回の参加者は、当事者が3人、家族会からお父さんが1人、スタッフが1人集まりました。


楽壱、今日の話題は、「こんな人がいました」・・・
スーパーへ向かって行くと、向こうから歩いてきたのは、スキンヘッドにサングラス、ボーダー柄のTシャツにビーサンをペタペタ鳴らしながら歩くこわもてのオジサン。手にはなぜか、ピアピカ・ツヤツヤ光るわに革の女性もののバッグ。なぜそのバッグを・・・と尋ねたかったのですが、むしろ少し離れてすれ違いました。・・・
スーパーでは、店のかごから自分の買い物袋に移し替える台のところで、予想外の行動をとるおばあちゃんがいました。丁度移し終わったところだったので、すぐに空くと思って後ろについたのですが、なかなかどいてくれない。何をしているのかと思ったその時突然、おばあちゃんは、頭の中に指を突っ込みかつらを外しました。ひとしきり、アタマをかいてまたかつらをセットしていきました。蒸し暑いもんね~。外にはリアルに、いろいろな人がいます。そんなことを言っているうちに、もう17時。お開きの時間となりました。

電話相談無料!

03-5944-5720

ご家族だけでなくご本人の方々からのお電話もお待ちしています
毎週 火曜日、木曜日13時~17時
(祝日等はお休みです)
(ご相談は無料ですが別途通話料はかかります)
e-mail:info@rakukai.com