楽壱楽拿

HOME楽の会リーラとは楽の会リーラ家族会キワニス社会公益賞講演会
月例会グループ相談会楽壱楽拿カフェ 葵鳥親の学習会催し物
電話相談 リンク・連絡先問い合わせコーヒーショップ更新履歴


月例会と同じ時間に青年の居場所を開いています。青年達が楽しく話し合ったりして、交流する場所です。出入り自由、気楽に覗いてみてください!(無料)


日時:平成29年9月30日(土) 13:30〜17:00
場所NPO法人楽の会リーラ事務所(JR巣鴨駅下車)
住所:東京都豊島区巣鴨3-16-12 2階202号室
   (JR山手線巣鴨駅、地下鉄三田線巣鴨駅、下車徒歩6~7分)
電話:TEL 03-5944-5730


2017年8月号
 

7月15日(土) 晴れ


7月も中旬になりました。梅雨が明けたという話しは聞こえてきませんが、気分的にはもうすっかり、梅雨明けています。今日もよく晴れて暑い一日です。そろそろ気の早いオチョコチョイの蝉が出てきそうですし、トンボは、もう飛んでいます。蚊にも喰われました。夏です。楽壱楽拿が開かれる、楽の会リーラの事務所がある巣鴨の商店街も暑さ対策を始めました。駅の近くのアーケーケードのところでは、高いところに霧を発生させる装置を設置してミストを振りまいています。お寺の近くの方では、あちこちに「氷柱」が置かれていました。老若男女がペタペタ触っています。飲食店の店頭では、切って割り箸にさして冷やした「きゅうり」を1本200円で売っています。美味しそうですが、200円では・・・。

楽壱、今日の参加者は、当事者が2人、家族会からお父さんが1人、スタッフが1人、集まりました。楽壱、今回の話題は、「七夕の笹飾り」短冊にどんな願い事を書いた?というところから・・・。

小さいころは、「ウルトラマンになりたい」とか、「電車の踏切になりたい」とかとか、カワイイものから、訳の分からないものまでありましたが、だんだん成長するにつれて、黒くてドロドロとしたものに・・・「お腹がすいたときに、かさぶたを食べないように我慢したい」と自分に向かっていたことが、「××の所に、お釣りに汚い10円玉ばかりくるように」とか「××が、ゆで卵だと思ってテーブルに叩き付けたら、生卵!」とか、「××がカップラーメンにお湯を入れ始めたら、少し足りない」・・・おいおいおい、それはお願いことではなくて「呪い」ですよ〜。などと言っているうちに、もう17時。お開きの時間となりました。


Copyright (C) KHJ東東京「楽の会」. All Rights Reserved